相続手続きや遺言書作成などご相談ください。代表司法書士が対応いたします。相続登記、農地の相続届出及び山林の相続届出を一括して受託可能です。

遺言

相続

遺言書の保管申請の方法(自筆証書遺言書保管制度)

2023/7/23    

遺言書の保管申請に関する用語 はじめに遺言書の保管申請に関する用語を説明します。 遺言者 遺言者とは遺言を書いた人です。遺言書の保管申請は通常遺言者本人がします。 保管申請 保管申請とは遺言書保管所に ...

相続

自筆証書遺言書保管制度を利用すべきか

2023/7/23    

概要 自筆証書遺言書保管制度(以下、「本制度」といいます。)とは自筆証書遺言を法務局が預かる制度です。 本制度を利用しない場合、自筆証書遺言は作成後遺言者が保管することが多いと思われますが、遺言者の死 ...

相続

自筆証書遺言と公正証書遺言の違い

2023/7/6    

選択 遺言を作成する場合、自筆証書遺言と公正証書遺言のいずれかを選択することが大半です。 自筆証書遺言とは遺言者が便せんなどに書き記す遺言です。公正証書遺言は公証役場で作成する遺言です。ここでは両者の ...

相続

簡単な内容の自筆証書遺言の作成方法

2023/7/23    

自筆証書遺言 はじめに作成上の注意点を説明します。 自筆証書遺言は遺言者が全文自書します。パソコンや代筆での作成は無効です。 また、書き損じたなどの理由で訂正が必要になった場合、文を訂正するのではなく ...

相続

相続人間で揉めそうな場合の相続対策

2023/7/23    

遺産の共有 相続が発生した場合、遺産の多くは相続人全員の共有となります。そして、相続人が共有する遺産を効率よく管理処分するにはその共有状態を解消する必要があります。この共有状態を解消する手続きを遺産分 ...

相続

検認

2023/7/5    

遺言検認 検認は、遺言者の死亡後に、家庭裁判所で、相続人の立会の下、行われる手続きのことです。 検認の申立ては遺言書の保管者によって家庭裁判所でなされます。遺言書の保管者がいない場合は、遺言書を発見し ...

相続

遺言の基礎

2023/8/26    

遺言の種類 遺言とは自分の財産を、自分の死後にどのように分配するかを書き記した書面です。遺言は15歳以上の者が作成できます。 遺言は遺言者の死亡後に使用されるものですので、遺言を使用する際に遺言内容に ...

相続

遺贈

2023/7/5    

遺贈とは 遺贈とは、遺言によって自己の財産を親族や他人に与えることです。 被相続人が遺言を遺さずに死亡した場合、相続財産の帰属先は遺産分割協議によって決まります。 遺贈をすることで、特定の人に、特定の ...

© 2024 松江相続相談室